夢をもち、行動していく。

私たちは、一人ひとりの夢を大切にしています。それは、ほんの些細な願い事であったり、世界を驚かす壮大なプロジェクトかもしれません。
夢を叶える為には、どうすれば良いでしょうか?
ビジュアルビジョングループでは、その夢を叶えるためのステージがあります。
みんなで話し合い、みんなで叶えていく。
一人ではできないこともみんなで協力すれば達成できる。
夢の達成は現場におけるビジョン・目標の達成です。達成した夢は記録に残し、財産となります。それがビジュアルビジョンの夢経営なのです。

■ 夢に向かって踏み出すプロジェクト

社長と社員の夢計画を
みんながひとつになって決定していく会議です。
ビジュアルビジョンは夢会議からあらゆることをスタートします。
売上・利益などの数字の夢、またどういう社風になりたいか、物・人に関する夢、個人・会社に関する夢を出しあい協議していきます。

夢計画会議で多数決で決まった夢を、各事業部のブロック、部課室ごとに吸い上げ、いつ実現するか考え、短期事業計画で発表します。
発表することで、信念になり、絶対に達成するという想いにつながります。
さらに4月のパーティで、短期事業計画のダイジェスト版をご家族の前で発表します。

夢計画によって、夢を実現しました。

神保先生

伊奈学園中学校は埼玉県で唯一の県立中高一貫校です。広大な敷地、充実した設備、独特の学習カリキュラムがあり、地元だけでなく県内各地から生徒が集まる人気校です。伊奈学園中近隣のこうゆうかん・THE義塾の校舎では、4年前から特殊な入試問題に対応するために「伊奈学講座」を開講しました。独自の入試対策を行い、2012年は定員80名に対し20名、2013年は36名そして2014年は44名の合格者を輩出しシェア55%、3年連続No.1の合格実績をあげています。こうゆうかん・THE義塾の新たな開拓と挑戦の成果です。

神保先生

私は塾生としてこうゆうかんと出会い、大学時代は専任教師として、そしてこの会社に入社しました。いつかは一つの校舎を受け持ちたい、その夢は入社後すぐに実現し、校舎を越えて全体の進路指導にあたりたいという希望を話せば、責任者として任命され、実績向上に全力で取り組んでいます。やりたい仕事をどんどん応援してくれる。そして夢に向かって努力すれば誠実に答えてくれる。それがビジュアルビジョンです。

神保先生

私の夢は出身の富山に、けあビジョンもしくは施設を作ることです。それはけあビジョンが全国展開していれば叶うことです。このような想いもあり、群馬県一号の高崎事業所を担当させて頂き、平成25年の4月からは神奈川県一号の川崎事業所を担当させて頂いております。新天地で一からやっていくことは容易なことではありませんが、新たな人との出会いがあり、当社の理念を伝え広げ、幸せな方を増やしていける。楽しくとてもやりがいがあります。